───────── ▼  プロフィールSTART ▼ ─────────

───────── ▲ プロフィールEND ▲ ────────

追加用ボタン

───────── ▼ 実績START ▼ ─────────

実績

  • コーチング時間:2500時間
  • コーチ歴:2012年から
  • 主なクライアントの属性:経営者・管理職・組織開発/組織変革リーダー・シングルマザー・ワーキングマザー・NPOリーダー・プロコーチ・システムコーチ・ステップファミリー・マイノリティ

属性

  • 性別:女性
  • 年齢:35~44歳
  • 住まい(都道府県):京都府

セッション情報

  • 無料サンプルセッション:なし
  • セッション形態:オンライン
  • セッション開始時期:ご相談ください
  • 国際コーチング連盟(ICF)資格:PCC
  • 使用言語:日本語
  • プラン&料金:体験セッション1.5万円(税別)/1h
  • 基本的に月1・2回、半年間程度〜
  • TLC(The Leadership Circle)との組合せも可能

───────── ▲ 実績END ▲ ────────

追加用ボタン

───────── ▼  Story(奇数/写真右)START ▼ ─────────

なぜ、コーチングをするのか

どん底からの浮上

私は子どもが6ヶ月の時に離婚をし、自信喪失した経験があります。シングルマザーとしてどうやってこれから生きていこうと、人生のどん底でしたが、虚勢を張って必死に傷つかないように生きていました。

コーアクティブの学びの中で、見ないフリをしてきたその闇をとことん味わいきった後、「底を打った」感覚を得ました。同時に本質的な変化が起こり、本来の自分が蘇ってきました。例え今どんな所にいようと、どう生きるかは選べる!それを伝えるためにコーチになりました。

 

───────── ▲ Story(奇数/写真右)END ▲ ────────

追加用ボタン

───────── ▼  Story(偶数/写真左)START ▼ ─────────

私がコーチングに出会って変わったこと

 

「どっちか」ではなく「どっちも!」

当時シングルマザーだった私はなんとか仕事と育児とコーチングの勉強を両立しながらも、資格は取れても、その後コーチングで食べていくなんて到底無理だと思っていました。本当に大切にしたいものがある時には、何かを手放すことはとても難しいこと。子どももいるし露頭に迷う事はできないと思い、会社員を辞めず二足の草鞋を履いて、CPCC取得後はコーチとしても歩み始めました。ただ”仕事も子育ても私が!”と肩肘を張っていました。

同時に私は子どもが大切だからパートナーを作る(再婚する)ということは視野に入れないようにしていました。でもどちらかではなくどっちも!を選択することもできる、それをリーダーシップ・プログラムで学びました。

本当に自分らしく生きるには、優秀で聡明で稼げるすごい人になることではなく、仲間を信じ、家族を信じ、自分にはない周囲の人の力も借りながら一緒に進んでいくコーリード型(共にリードする)リーダーシップなんだということがやっとわかりました。だから再婚して今夫と経営している会社の名前がCo-leadersなんです。そしてその多様性のある関係性から世界を生み出していくというのはあらゆる分断を超えていく可能性だと信じて組織や夫婦にもシステムコーチングも実施しています。

───────── ▲ Story(偶数/写真左)END ▲ ────────

追加用ボタン

───────── ▼  リンクSTART ▼ ─────────

───────── ▲ リンクEND ▲ ────────

追加用ボタン

───────── ▼  コンタクトSTART ▼ ─────────

Contact

コーチングセッションをご希望の方は、こちらから、本人に直接お問い合わせください。

ホームページの体験セッションお申し込みからお願いします。
https://www.co-leaders.co.jp/for_you/

 

───────── ▲ コンタクトEND ▲ ────────

 

 

タグ